住宅購入時の諸費用を節約する方法を専門家が解説します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

「住宅購入時の諸費用を節約したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、住宅購入時の諸費用を節約する方法について解説します。

住宅購入の諸費用の目安とは

諸費用を節約する際には、その目安を把握しておくことが大切です。

その目安は、中古物件だと物件購入額の6~10パーセント、新築物件だと物件購入額の3~7パーセントです。
これに加えて、家具や家電などの購入費が人によって様々であるため、大きく変わってくるでしょう。

中古住宅の諸費用が高くなりやすいのは、不動産会社に支払う仲介手数料が必要になることが多いからです。

また、中古住宅はリフォーム工事の費用が必要になることもあります。
それゆえ、中古住宅を購入する場合は、諸費用に対する予算をあらかじめ多めに用意しておくと安心です。
新築住宅においては、仲介物件が中古住宅よりも少ないため、仲介手数料がかからない場合が多いでしょう。

さらに、このような目安の金額を超えるような額を支払う場合もあります。
住宅ローンを長期間借りることによって、その手数料が高くなってしまうことがあるからです。

住宅購入の諸費用を節約する方法とは

諸費用を見直すことが節約する方法です。
例えば、火災保険料や仲介手数料、ローン保証料、引越し費用などを見直しましょう。
火災保険料については、その保険への加入が住宅ローンを組むときの条件の1つとなっています。

しかし、不要な特約というものが自動でついていることもあります。
まずは見積もりを確認し、不要な特約がないか確認してみましょう。

仲介手数料については、その目安は物件購入価格に3パーセントを掛けて6万円を足した額に、消費税を足した額となっています。
例えば、4,000万円で家を購入した場合は、138万6,000円が上限です。

そのことを踏まえて仲介手数料の値引き交渉を打診してみましょう。

ローン保証料については、借入金額や返済期間を減らしてローン保証料を少なくする方法と、金利上乗せ方式よりも安くなる一括払いで支払う方法で、ローン保証料を節約できます。

引越し費用については、相見積もりを取る方法や早めに依頼する方法で、その費用を節約できます。

一括で見積もりできるwebサービスは増えてきているため、その見積もり額と、依頼した見積もり額を比較してみることをおすすめします。

まとめ

今回は、住宅購入時の諸費用を節約する方法について解説しました。
諸費用の節約をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 【特典付き】家具家電は住宅ローンに組み込めるのかについて解説します!