注文住宅を検討中の方へ!住宅ローン控除を受ける方法について解説します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

「お得に住宅ローン控除を受けたい」
住宅ローンをお考えの方で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、住宅ローン控除を受ける方法について解説します。

住宅ローン控除とは

個人が10年以上の住宅ローンを組んで住宅を取得する際に、利息負担を軽くするための制度です。
年末のローン残高、あるいは住宅の取得価格のどちらか少ないの金額の1パーセント相当の額が、所得税・住民税から10年間減税されます。

所得税については、確定申告または年末調整によって、納めた所得税から減税額の還付を受けます。住宅ローン控除の額が所得税を上回る場合、次年分の住民税から減税されます。

住宅ローン控除を受けるためには以下の条件を満たす必要があります。

・ローンの借入期間が10年以上
・控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下
・住宅の引き渡し日から6ヶ月以内に自らが住むこと
・床面積が50平方メートル以上

さらに、条件を見出せば住宅ローン控除額が大きくなるケースがあります。

それは耐震・耐久・省エネ性に優れた、長く良好に使える長期優良住宅の認定を受けた住宅を購入(建築)した場合です。

 

住宅ローン控除を受ける方法とは

住宅ローン控除を受けるためには、入居した翌年に確定申告をしなければなりません。
確定申告の時期は、サラリーマンなどの給与所得者は購入、入居した年の翌年1月4日から3月15日までとなっています。
自営業者など毎年確定申告を行っている場合は、2月16日~3月15日の一般の申告と合わせて行います。

確定申告は必要書類を用意して管轄の税務署に提出するか、郵送で手続きできます。

給与所得者は、給与以外に収入がない場合、1年目に確定申告すれば次年度以降は、勤務先で年末調整の手続きによって控除受けることができます。

まとめ

今回は、住宅ローン控除について解説しました。
住宅ローン控除の制度や購入(建築)する物件によっては、より大きな控除を受けることができる可能性もあります。このような制度をうまく活用し、住宅購入の負担を減らしましょう。

関連記事

  1. 【完全マニュアル:新築建売編】住宅ローン減税(住宅借入金特別控除)の確…