住宅ローンをご検討中の方必見!審査の注意点についてご紹介!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

「住宅ローンの手続きをしたいが、審査についてよく分からず不安がある」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

住宅ローンの理解を深めるタイミングもなかなかないですし、だからこそ何に気をつけながら進めればいいのかも分かりづらいですよね。

今回は、住宅ローン審査についてとその注意点についてご紹介します。

住宅ローンの事前審査と本審査の違いについて

住宅ローン審査は大きく2つに分けられます。
「事前審査」と「本審査」です。
ここではこれら2つの意味と違いを解説します。

1.事前審査
事前審査は仮審査とも呼ばれており、購入したい物件さえあれば、だれでも無料で申し込めます。
審査時には、住宅ローンを利用する予定の方の属性や返済計画が主にチェックされます。
長くても3日程度で結果が出ます。

2.本審査
不動産の売買契約を結んだ後に行う審査です。
事前審査をクリアした場合にのみ申し込むことができ、物件の担保評価など事前審査よりも多くの情報をチェックします。
結果が出るには、長い場合は2週間ほどかかります。

これら2つの大きな違いは、審査する目的です。
事前審査の目的は、融資が可能かどうかを判断することですが、本審査は、本当に融資しても問題が無いかの判断をしています。
そのため、クリア基準の高い本審査の方が、結果が出るまでに時間がかかるのです。

住宅ローンを利用する際の注意点について

ここまで、住宅ローンの2つの審査についてご紹介しました。
住宅ローンを利用する上では、2つの審査の違いに加えて利用時の注意点も把握しておくと安心です。

1つ目の注意点は、金利タイプを把握することです。
金利タイプには、変動型、固定期間選択型、全期間固定型の3つがあります。
変動型では、定期的に金利と返済額が見直されます。
固定期間選択型では、最初の数年間は金利と返済額を固定して、その後タイプを再選択します。
全期間固定型では、ローン完済まで金利も返済額も変わりません。

2つ目の注意点は、借入に必要な諸費用を確かめておくことです。
ローンの借り入れには様々な税金が発生します。
例えば、事務手数料、ローン保証料、印紙税などです。
予想外の出費を防ぐためにも、ローン借入時にどれくらいの税金が発生するのか、頭に入れておくようにしましょう。

3つ目の注意点は、ローン以外の維持費も考えながら返済期間を決定することです。
家を購入した後は、ローンの返済だけでなく固定資産税などの住宅の維持費の確保も必要です。
それらも踏まえたうえで、無理なく返済できる期間設定を心掛けましょう。

まとめ

今回は、住宅ローンを検討中だが審査についてよく分からないという方に役立つ情報を発信しました。
住宅ローン審査には、事前審査(仮審査)と本審査の2つがあります。
また、金利タイプやローン返済額以外の諸費用・維持費も考慮に入れて、資金計画を立てることが大切です。

今回の記事を参考に、手続きを進めてみて下さいね。
分からないことがありましたら当社へご連絡ください。

関連記事

  1. 【完全マニュアル:中古住宅編】住宅ローン減税(住宅借入金特別控除)の確…

  2. つなぎ融資って何?

  3. 住宅ローンの返済の方法には種類がある?丁寧に解説します!

  4. マイホームをご検討中の方へ!予算の決め方をご紹介!

  5. 家購入のタイミングとお金

  6. 住宅購入をご検討の方へ!補助金について解説します