住宅ローンの選び方でお困りの方はいませんか?選び方のポイントをご紹介します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

注文住宅を購入する際に住宅ローンを利用しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。

そういった方の中にはどのように住宅ローンを選ぶのかわからない方がいらっしゃると思います。

住宅ローンを選ぶ際にはいくつかのポイントがあることをご存知でしょうか。

今回は、住宅ローンを選ぶ際のポイントを紹介します。

 

住宅ローンを選ぶ際のポイントについて

住宅ローンを選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。

ここで紹介するポイントを参考にして住宅ローンを借りる際に後悔しないようにしてください。

ポイントの1つ目は、実際の金利についてです。

店頭やインターネットの情報だけで金利を比較するのは避けてください。

実際の金利は直接聞かないとわかりません。

2つ目のポイントは、金利だけでなくトータルの返済額で考えることです。

住宅ローンを契約する際には、様々な費用や手数料がかかります。

そのため、住宅ローンを選ぶ際は金利だけでなく、これらの費用も含めてトータルの返済額がいくらになるのかを考えましょう。

3つ目は、店舗やATMが近くにあるかどうかです。

店舗が近くにあると、なにかあったときの相談や手続きがすぐにできます。

ATMが近いと、入金の手間や手数料の負担を軽減できるでしょう。

これらのポイントは長い目で考えたときに有利に働くでしょう。

4つ目は、契約手続きは対面で行うことです。

契約をする際には10種類以上の書類を準備する必要があります。

そのため、郵送で手続きしようとすると書類に不備があったり、書類が足りなかったりすることが多いです。

そのため、対面で契約した方が良いでしょう。

 

住宅ローンを選ぶ際の注意点とは

住宅ローンを選ぶ際には上記で紹介したポイント以外にも注意点があります。

ここではその注意点について詳しく紹介します。

住宅ローンを選ぶ際に最も気をつけたいことは確実に返済できるかどうかです。

その目安となるのが返済負担率でしょう。

無理のない返済のためには、返済利率を20〜25パーセントにするようにしてください。

最も良いとされる返済利率は20パーセント以内です。

そうすれば将来的に大きなアクシデントがない限り住宅ローンが破綻する恐れはないでしょう。

 

まとめ

今回は、住宅ローンの選び方や注意点について紹介しました。

実際の金利を直接聞いておくことやトータルの返済額を考えることが重要です。

また、返済利率を20パーセントの範囲内にするようにしてくださいね。

適切に住宅ローンを借りて夢のマイホームを手に入れましょう。

関連記事

  1. 【特典付き】家具家電は住宅ローンに組み込めるのかについて解説します!

  2. 繰り上げ返済のメリットとデメリットとは?住宅ローンの専門家が解説!

  3. 注文住宅をお考えの方に!頭金の相場を紹介します!

  4. 住宅ローン控除の概要と注意すべきポイントをご紹介

  5. 共働き夫婦の住宅ローンを組む方法について専門家が解説します!

  6. 分割融資とつなぎ融資の違いは?住宅ローンの専門家が解説します!