つなぎ融資とは?注文住宅をお考えの方に向けて解説!

「注文住宅を検討しているけど、費用面で不安がある」
「つなぎ融資とはどういうものか、また注意点はあるのかを知りたい」
このようにお考えの方はいませんか。
今回はつなぎ融資についての詳しい説明と、つなぎ融資の利用を検討している人が知っておくべき注意点を紹介します。

1.つなぎ融資とはいったいなにか

つなぎ融資とは、住宅の工事が完成し引き渡されるまでの期間で、必要な費用の支払いのために組むローンのことです。
注文住宅に限らず住宅を新しく建てる際には工事代に加えて、住宅の竣工金、着工金、中間金や土地の代金にも費用がかかります。
すべての支払金額を自分で用意するのは難しいため、住宅ローンを組むことが多いのではないでしょうか。

原則としてこの住宅ローンは、すべての工事が終わり住宅が完成した段階でないと、融資を受けられません。
一方で土地代などにかかる費用は、住宅工事が終わる前の段階で支払う必要があります。
つなぎ融資を検討する方の目的は、住宅ローンが工事終了時まで融資されないことが理由で、事前にかかる費用の支払いが困難である場合に利用されることがほとんどです。

つなぎ融資を利用することで、住宅ローンの融資を受けるまでの期間で必要な費用をカバーできるので、このような事前の費用に関して悩みを抱えている方にとっては、非常に有効な選択肢ではないでしょうか。

2.つなぎ融資を利用する際の注意点

つなぎ融資を利用する際には、いくつか注意点があります。

注意点1

自分が選ぶ金融機関がつなぎ融資を取り扱っているかどうかをチェックしておく必要があることです。
すべての金融機関がつなぎ融資を扱っているわけではないので、住宅ローンの結び先を決める際は、自分が選んだ機関はつなぎ融資を取り扱っているのかどうかをチェックしておきましょう。

注意点2

つなぎ融資を実際に利用する前に慎重に検討する必要があることです。
つなぎ融資の手数料や利息は、住宅ローンと比べると高額になる可能性がほとんどなので、融資を受ける期間が長くなってしまえば、その分だけ返済が大変です。

便利な選択肢ではあるとはいえ、返済に追われて苦しむ結果になることがあるので、注文住宅を検討している方は住宅ローンやつなぎ融資を含めた費用に関する問題は事前に良く考え、計画的に進めていくことをおすすめします。

3.まとめ

今回はつなぎ融資の説明と、つなぎ融資の利用を検討している方は知っておくべき注意点を紹介しました。
新しい住宅を建てる際は大きな費用がかかり、ローンを組む方が多いと思います。
計画的に進めなければ、後々自分が困ることになるので慎重に進めていきましょう。

関連記事

  1. 住宅ローンで失敗しないための方法とは?マイホーム購入の専門家が解説!

  2. 注文住宅をお考えの方に!頭金の相場を紹介します!

  3. 変動金利と固定金利どっちがいいの?

  4. 住宅ローンの借入額の目安を解説します!

  5. 分割融資とつなぎ融資の違いは?住宅ローンの専門家が解説します!

  6. 注文住宅ローンの金利について解説!種類や選ぶ際のポイントをご紹介します…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。