奈良で注文住宅をお考えの方へ!かかる諸費用についてご紹介します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

「注文住宅にかかる諸費用の内訳を知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
この記事では、奈良で注文住宅をお考えの方に向けて、諸費用の内訳や諸費用を節約するコツをご紹介します。

諸費用の内訳について

注文住宅の購入にかかる費用は、建物の建築にかかる本体工事費、建物以外の建築にかかる付帯工事費、そしてそれ以外の諸費用に分けられます。
しかし諸費用と一口に言っても、具体的にどのような費用が含まれているのか気になりますよね。
ここでは、諸費用の内訳についてご紹介します。

諸費用の中身は、土地の購入にかかる諸費用、建物の建築にかかる諸費用、住宅ローンにかかる諸費用、そしてその他の諸費用の4つに分類できます。

まず土地購入の諸経費としては、仲介手数料や登記費用、固定資産税などが挙げられます。
これらは、土地の評価額によって金額が左右される場合が多いです。

次に建物の建築にかかる諸費用としては、工事請負契約書の印紙税や給水分担金、地盤改良費などがかかります。
地域によっては、地鎮祭・上棟式に費用がかかる場合もあります。

続いて住宅ローンにかかる費用としては、ローン保証料や事務手数料、場合によってはつなぎ手数料、利息などが挙げられます。
特にローン保証料は高額になるため、きちんと予算に組み込んでおきましょう。

最後にその他の諸費用としては、引っ越し費用や家具・家電購入費などが挙げられます。
引っ越し直後は慣れない環境でトラブルが起きやすく、想定外の費用がかかる可能性もあるので、手持ちの資金に余裕を持たせておくことをおすすめします。

諸費用を節約するコツは

前の章で、諸費用の中身について簡単にご紹介しました。
最後に、諸費用を抑えるためのコツをご紹介します。

1つ目は、仲介手数料について
不動産会社が所有している土地を直接購入する場合であれば、仲介手数料は発生しません。
また、仲介手数料は仲介する不動産会社によっては値引き交渉が可能です。
仲介手数料は、土地取得に関する諸費用の中で大きな割合を占めるため、値引きができないか尋ねてみましょう。

2つ目は、火災保険について
注文住宅を購入する方の多くが火災保険に加入するでしょう。
火災保険の補償内容は種類によってさまざまです。当然ですが、補償の幅が広いほど保険料も高くなります。
そのため、ご自身にとって本当に必要な補償かどうかを判断して、不要な補償を外すことで費用を抑えられるでしょう。
また、複数の保険会社を比較することも忘れないでください。手間がかかりますが、一度決定すると数年間は変更できません。

3つ目は、登記費用について
登記費用のうち、約半分は登録免許税と言って国に収める税金ですので値下げができません。
しかし、残り半分は手続きを依頼する司法書士の報酬ですので、依頼先によって金額が異なってきます。
何も言わなければ、不動産会社や建築会社の紹介先の司法書士に依頼することになります。
ご自身で安く登記手続きを行ってくれる司法書士を探してみましょう。

 

まとめ

今回は、諸費用の内訳や諸費用を節約するコツをご紹介しました。
住宅の購入にはさまざまな支払いが発生しますが、何を支払っているのかをご自身できちんと把握して、無駄な出費は減らせるように心がけましょう。
注文住宅の購入に関してご不明な点がございましたら、お気軽に当社へご相談ください。

関連記事

  1. 奈良で注文住宅をお考えの方に向けて費用の内訳や予算内に抑えるコツを紹介…

  2. 住宅購入時の諸費用を節約する方法を専門家が解説します!

  3. 【特典付き】家具家電は住宅ローンに組み込めるのかについて解説します!