マイホーム購入をお考えの方へ!費用を抑える方法は?

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

マイホームの購入の際には、いかにして費用を抑えられるかが重要ですよね。
そこで今回は、マイホームの費用を抑える方法について解説していきます。

マイホームの費用を抑える方法とは

費用を抑える方法は、慎重な工務店選びです。
可能な限り費用を抑えて家を建てたいという方針を明確にして、それに快く応えてくれる会社を選ぶことがポイントになってくるでしょう。

床面積を減らすことも、方法の1つとして挙げられます。
面積分の材料費、施工費が省けるからです。
生活にどれくらいの広さが必要なのか、部屋数や水まわりなどそれぞれの面積の目安を出してみましょう。

また、面積を省くと家事動線が短くなるため、掃除の手間が省けます。

それゆえ、床面積を減らすと、費用を抑えられるだけでなく、掃除の手間も省けるため、2つの意味でお得ですね。

さらに、床面積を減らすことを検討する際には、家の形についても考えてみましょう。

詳しく説明すると、建物全体の費用に影響する家の形をシンプルにすることによって、様々な部分の費用が変わってきます。

例えば、床面積が同じでも、凹凸の多い家と真四角の家とを比べると、真四角の家のほうが費用を抑えられます。
真四角に近いほうが、基礎工事、外壁、屋根などのさまざまな箇所の材料費や工事費を減らせるからです。

水回りの設備を見直すことも、方法の1つとして挙げられるでしょう。
キッチンやユニットバスなどの設備は高価な商品であるため、無駄なオプションがついていないかを確認してみることがポイントです。
例えば吊戸棚を使わない場合は、思いきって無くしてみましょう。

マイホームの費用を抑える際の注意点とは

ランニングコスト

初期費用を削ったとしても維持費用が高ければ、結果的に費用を抑えられたことにはなりません。

例えば、電化製品をできるだけ安いものを選んだとしても、毎月の電気代が高かったら意味がないですよね。
グレードの高い製品を選んだほうが電気代を節約できたのかもと思うこともあるでしょう。

それゆえ、設備などを選ぶ際には、維持費用を確認してから決めるようにしましょう。

メンテナンスや修理

ある程度の期間が経つと、不具合が発生するため、修理や修繕を行う必要があります。

例えば、価格の安い資材や設備を使って費用を抑えたとしても、すぐに修理が必要になるようであれば、結果的に費用が高くなってしまいます。

それゆえ、資材や設備を選ぶ際には、メンテナンスの仕方とその費用を確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、マイホームの費用を抑える方法について解説しました。
マイホームを購入する際には、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 注文住宅で失敗や後悔しないようにするために!

  2. 注文住宅をお考えの方で選び方がわからない人必見!

  3. 賃貸 VS 持ち家、どっちがおすすめ?各メリット・デメリットなどを徹底…

  4. 注文住宅の打ち合わせの流れがわからない人のために!

  5. 土地から注文住宅、マイホーム購入の流れ

  6. 注文住宅をお考えの方へ購入の流れを解説します!