注文住宅で失敗や後悔しないようにするために!

注文住宅の購入を考えている方はいらっしゃいませんか。
せっかく注文住宅にするなら、できるだけ失敗したくないですよね。
そこで今回の記事では、注文住宅の失敗例や対策について解説します。
失敗例を知り、後悔のない理想の家を建てましょう。

注文住宅の失敗例

注文住宅の失敗例を場所ごとに失敗例を見ていきましょう。

玄関での失敗例

玄関で最も多い失敗は、収納が少なすぎることでしょう。
玄関には、靴や傘、子供の遊び道具のように収納するものが多いです。
玄関に収納したいものを具体的にイメージしたうえで、収納量を決めましょう。

キッチンでの失敗例

キッチンでは、スペースが小さいという失敗があります。
家事をする方にとっては、キッチンは多くの時間を過ごす場所です。
家具やゴミで通路が狭くなると、移動しにくくなり、ストレスに感じるでしょう。

お風呂での失敗例

お風呂を玄関から近い位置に配置すれば良かったという失敗が多いです。
外から汚れて帰ってきたときに、お風呂場が遠いととても不便です。
特に、小さなお子様がいらっしゃる場合や、ペットを飼っている場合は、できるだけお風呂を玄関から近い位置に設置しましょう。

リビングでの失敗例

リビングでは、吹き抜けに関して後悔している方が多いです。
吹き抜けがあると、リビングが明るくなりますが、冷暖房が効きにくいという欠点があります。
特に冬は、暖房の暖かい空気が上昇してしまうため、吹き抜けがない家と比べると、リビングが冷えやすいでしょう。
どうしても吹き抜けを作りたい場合は、シーリングファンをつけるのがおすすめです。

失敗の原因と対策とは?

注文住宅での失敗は、間取りに原因があることが多いです。
間取りは一度決定してしまうと、後から変更するのが難しいため注意しましょう。
例えば、間取りが狭すぎたり、広すぎたりすることによって失敗が生じます。

間取りを決める際は、置きたい家具や実際の暮らしをイメージしにくいため、いざ住みはじめてみると、不便に感じることはよくあります。
そのため、あらかじめ家具の配置を決めたり、使う場面を想像したりして間取りのスペースを考えましょう。

また、間取りの配置が原因となる失敗も多いです。
使用頻度の多いトイレや洗面所が利用しにくい位置にあると、生活が非常に不便です。
そのため、生活パターンをよくシミュレーションしたうえで、間取りの配置を決定しましょう。

まとめ

注文住宅での失敗例や対策について解説しました。
失敗例をよく理解しておくと、自分の注文住宅で後悔しにくくなるでしょう。
ぜひこの記事を参考に、理想の注文住宅を建ててください。

関連記事

  1. 注文住宅の間取りの決め方を徹底解説します!

  2. 賃貸 VS 持ち家、どっちがおすすめ?各メリット・デメリットなどを徹底…

  3. 注文住宅をお考えの方へ購入の流れを解説します!

  4. 注文住宅の打ち合わせの流れがわからない人のために!

  5. 土地から注文住宅、マイホーム購入の流れ

  6. マイホーム購入をお考えの方へ!費用を抑える方法は?