予算が決められない!注文住宅の予算の決め方を紹介します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

注文住宅を購入する際に多くの方が悩まれるのが、予算の決め方についてです。
人生で何度も行う買い物でもないですし、どのくらいの費用で建てるかを考えるのは難しいですよね。
目安や決め方のステップを知っておくと、安心して予算を考えられます。
そこで今回の記事では、注文住宅の予算の目安や決め方を解説します。

注文住宅の予算の目安とは?

注文住宅の予算を決めるうえでは、総予算の目安を知っておくのが重要です。
1つの目安として言われるのは、年収の5〜6倍程度の費用です。
例えば年収が500万円の場合は、2500〜3000万の値段だと安心だと言われています。
お金の使い方や家族構成によっても、注文住宅にかける費用は変わってくるので、あくまでも目安として考えてください。

注文住宅の予算の決め方

注文住宅の予算を決める際には、3つのステップで考えましょう。

毎月の返済額を考える

全体の金額を想像するのは難しいので、月々どの程度の住宅ローンなら、無理せずに返済できるかを決めましょう。
ここで注意したいのが、今の家賃と毎月返済額が等しいとは一概に言えないということです。

毎年発生する固定資産税や、リフォーム資金についても考慮する必要があります。
マンションの場合は、管理費や修繕積立金として、ローン返済金に加えて月2万円程度かかるでしょう。
無理のない毎月の返済額を決めるうえでは、年収の25パーセント以内が良いと言われています。
一度、ご自身の年収に最適な毎月返済額を計算してみましょう。

住宅ローンの借入金額を計算する

毎月返済額をもとに、実際にどの程度の借入が可能なのかを計算しましょう。
金融機関のローンシミュレーションを利用すると、返済額や金利からある程度の借入金額を算出できます。

頭金を加える

注文住宅に使える予算は、先ほどの借入金額に頭金を加えたものです。
注文住宅には、建物代と土地代に加えて税金や手数料が必要ですので、これらが予算内に収まる
ようにしましょう。

まとめ

注文住宅の予算の目安や決め方について解説しました。
希望する条件によっても予算は変わってきますが、ある程度の目安を知っておくと、予算についての失敗は防げるでしょう。
具体的に予算を計算する際は、今回紹介した3つのステップで考えるのがおすすめです。
本記事を参考に、ご自身にぴったりの予算を決めましょう。

関連記事

  1. 注文住宅の予算の決め方とは?注意点も紹介します!

  2. 注文住宅の費用の内訳とは?予算を組む際のポイントも合わせて専門家が解説…

  3. 注文住宅をご検討中の方へ!予算の内訳についてご紹介します!

  4. 憧れのマイホーム購入で気を付けることとは?

  5. 注文住宅の予算の相場はご存じでしょうか?お金の専門家が解説します!

  6. 注文住宅で予算オーバーになるのはなぜ?その理由を解説します!