住宅ローンの借入額の目安を解説します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

注文住宅を購入する際には、住宅ローンを借りる方が多いですよね。
いざ住宅ローンを借りようと思っても、いくら借りたら良いかわからない方が多いでしょう。
そこで今回は、注文住宅を購入する方へ借入額の目安と住宅ローンを組む際の注意点について紹介します。

無理なく返済できる金額とは

この記事を読まれているほとんどの方は、住宅ローンの契約は初めてだと思います。
ここでは、無理なく返済できる金額の目安について紹介します。
住宅ローンを適切に借りるためには、返済利率という言葉を理解しておく必要があるでしょう。
返済比率とは、年収に対して占める住宅ローンの返済の割合です。
一般的な銀行の審査では、返済比率は年30〜35パーセントが限度とされています。
適切に住宅ローンを借りるためには、月々の支出や貯蓄を計算して住宅にかけられる月々の金額を求める必要があるでしょう。
返済利率20パーセントを目安として、信頼できるお金の専門家に相談して決めることをおすすめします。
 

住宅ローンを組む際の注意点とは

ここまでは住宅ローンを借りる際の目安となる返済利率について紹介しました。
住宅ローンを組む際は、目安だけではなく、そのほかの点にも注意する必要があります。
ここではその注意点を紹介します。

団体信用生命保険への加入

こちらは返済者が返済期間中に死亡したり、重度の障害を患ったりした場合に、返済が免除される仕組みです。

団体信用生命保険への加入を融資の条件として設定していることもあります。

諸経費がいくらかを確認すること

住宅ローンを組む際は、事務取扱手数料や保証料、印紙税などが必要になるでしょう。
これらの諸経費にいくらかかるのかを知っておきましょう。

手続き方法や必要書類を確認

住宅ローンの手続きは、金融機関、商品、借入形態によって異なります。
また、必要書類の準備に時間がかかることもあります。
手続き方法や必要書類に関してわからないことがあれば、金融機関に直接問い合わせるようにしてくださいね。
 

まとめ

今回は、注文住宅を購入する方へ借入額の目安と住宅ローンを組む際の注意点について紹介しました。
住宅ローンは返済比率20パーセントを目安に借りましょう。
また、団信への加入や借入時の諸費用の確認、手続きの方法や必要書類を確認することが重要です。
注文住宅を検討中の方は当社までお問い合わせください。

関連記事

  1. 仮審査と本審査の違いとは?住宅ローンを検討中の方へ向けて解説します!

  2. つなぎ融資とは?注文住宅をお考えの方に向けて解説!

  3. 住宅ローンを検討中の方へ!金利の選び方について解説します!

  4. 住宅ローンを退職金で返済するメリットと注意点について解説します!

  5. 住宅ローンの手続きの流れとは?注意点も解説します!

  6. 分割融資とつなぎ融資の違いは?住宅ローンの専門家が解説します!