住宅ローンをお考えの方へ!住み替えローンについて解説します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

住宅ローンをお考えで、住み替えローンを検討中の方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、住み替えローンについて解説します。

住み替えローンとは

自宅を売却してもローンを完済できない場合、次に住む住宅の購入資金と、現在の住宅ローンを完済するために必要な資金を、合わせて借り入れられるローンのことを住み替えローンと言います。
例えば、以前住んでいた住宅に2,700万円の残債が残っており、その住宅の売却額が2,400万円である場合、返しきれなかった300万円と新居の購入資金をまとめて借り入れられます。

住み替えローンを利用すると、通常のローンよりも金利が高くなってしまいます。
さらに、金融機関による審査も厳しくなるでしょう。

住み替えローンのメリットとデメリットとは

メリットとは

メリットは2つあります。

1つ目は、担保割れ状態でも利用できることです。
担保割れとは、住宅ローン残高が住宅の売却価格を上回る状態のことです。
例えば、現在の住宅ローン残高が2,000万であり、自宅の売却価格が1000万円、新しく購入する物件の価格が3,000万円の場合を考えてみましょう。

現在のローン残高から、自宅の売却価格を引いた額の担保割れ分が加算されます。
それゆえ、この場合は1,000万円が加算されるため、実際には物件以外の諸費用も合わせて借り入れますが、4,000万円のローンを借り入れることになるでしょう。

2つ目は、貯金を減らさなくて済むことです。
担保割れ分を返済する際、貯金を大幅に減らすような返済の仕方はむしろ危険です。
貯金は不測の事態に備えて、ある程度残しておく必要があるでしょう。

デメリットとは

デメリットは2つあります。

1つ目は、過大な債務を抱えることです。
物件価格以上のローンを借りるため、最初から担保割れしていると言えます。
例えば、返済できずに売却する場合、返済しきれなかったその残高がより多く残るでしょう。
返済できない状態を先送りしていると言えるので、担保割れの問題を解決していることにはならないのです。

2つ目は、融資審査に通りにくいことです。
銀行にとっては、担保価値以上に融資をすることになるため、融資姿勢は厳しくなります。
なぜなら、銀行は人の返済能力を基準に融資を行うからです。
それゆえ、収入や、職業、勤務先、勤続年数が一層重視されるので、条件が良くないと融資を受けられないでしょう。

まとめ

今回は、住み替えローンについて解説しました。
ローン残高が残っている状態で新居に住めますが、いくつか注意点が存在するため、返済プランをあらかじめ設計しておくことが大切だと言えるでしょう。

関連記事

  1. オーバーローンとは?注意点について住宅ローンの専門家が解説します!

  2. 住宅ローンは育休中に組めるの?専門家が解説します!

  3. 【特典付き】家具家電は住宅ローンに組み込めるのかについて解説します!

  4. 住宅ローンの借入額の目安を解説します!

  5. 共働き夫婦の住宅ローンを組む方法について専門家が解説します!

  6. 住宅ローンの借り換えのメリットとデメリットとは?借り換えタイミングも解…