住宅ローンをお考えの方へ!ダブルローンについて解説します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

「ダブルローンとは何か分からない。」
住宅ローンお考えの方でこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、ダブルローンについて解説します。

ダブルローンとは

住宅ローンを残したまま、新しいローンを組む仕組みのことです。
ダブルローンのメリットは2つあります。

自分の都合で進められる

売却するタイミングを購入するタイミングに合わせる必要がないため、時期に囚われずに新しい家を購入でき、住み替えをスムーズに行えるでしょう。

仮住まいの手間と費用がかからない

家を買い換える際にはもともと住んでいた家の売却代金で新居を購入するため、一時的な仮住まいへ引越しすることになります。
その場合、以前住んでいた家から仮住まいへ、そして仮住まいから新居へと引っ越しを2回することになります。
その際には仮住まいとなる家の家賃や敷金、礼金なども必要になり、無駄な出費も増えますよね。
このような状況においてダブルローンを利用すると、もともと住んでいた家を売却する前から、新しい家を購入できるため、すぐにその新しい家に引越せます。

余計な出費がなく家の買い替えもできます。
さらに、空き家での内覧もできます。
それによって、迅速な売却や入居につながるでしょう。

ダブルローンの注意点とは

注意点は3つあります。

返済額が増える

住宅ローンが2つになるからです。
借入額によりますが、これまで払ってきた毎月の金額の2倍以上になることも把握しておく必要があるでしょう。

家の売却代金を使って全額返済しなければいけないため、いくらで売れるのか事前に計算しておくことが大切です。

ローンが残っている家は賃貸に出せない

ローンの残っている家を賃貸に出すことは契約違反になる場合があるでしょう。
金融機関と住宅ローンの契約は、自分で住むということが前提だからです。
また、買い手が見つからないという理由で賃貸に出し、収入を得られません。
しかし、事前に許可を得ている場合は問題ないため、あらかじめ相談をしておくと良いでしょう。

空き家は控除を受けられなくなる

住宅ローンを借りる前提条件は、自分で住むことであるということです。
そのため、住んでいない住宅はローンの軽減対象になりません。

まとめ

今回は、ダブルローンについて解説しました。
住宅ローンをお考えになる際には、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. つなぎ融資とは?注文住宅をお考えの方に向けて解説!

  2. オーバーローンとは?注意点について住宅ローンの専門家が解説します!

  3. 住宅ローンを検討中の方へ!金利の選び方について解説します!

  4. 住宅ローンの手続きの流れとは?注意点も解説します!

  5. 住宅ローンをお考えの方へ!住み替えローンについて解説します!

  6. 共働き夫婦の住宅ローンを組む方法について専門家が解説します!