繰り上げ返済のメリットとデメリットとは?住宅ローンの専門家が解説!

住宅ローンの繰り上げ返済をお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回はそのメリットとデメリットについて解説します。

1.繰り上げ返済とは

繰り上げ返済とは、ある程度の貯蓄が貯まったときに追加の返済をすることで、総元金を減らし、総利息も減らすことです。
繰上げ返済を行う方法は2つあります。

1-1.期間短縮型

この方法では、毎月の返済額などは変わりませんが、返済期間が短縮するでしょう。
そのため、その期間分の利息が減ります。
また、同じ時期に同じ金額を返済した場合、その利息額は2つ目の方法よりも減ります。

1-2.返済額軽減型

返済期間は変わりませんが、毎月支払う返済額は下がるでしょう。
そのため、1つ目の方法と比べるとその利息額は減りません。
しかし、毎月の返済額は下がるため、余裕を持った生活を過ごせるのではないでしょうか。

さらに、毎月の返済額を下げることによって、病気や災害などのリスクに備えられるでしょう。
それゆえ、将来の心配を減らしたい方や、余裕のある生活を送りたい方にこの方法は適しているといえます。

2.繰り上げ返済のメリットとデメリットとは

2-1.メリット

メリットは2つあります。

2-1-1.返済負担を減らせる

予定よりも早い段階で返済する目的は、その負担を減らすことですよね。
住宅ローンには利払い負担が伴っているため、その金額が低く、加えてその期間が短いと、その負担は減ります。

2-1-2.資産形成の可能性が広がる

返済期間短縮型では、予定よりも早く完済することによって、子どもの教育や老後に備えた資産形成を開始できるでしょう。
また、返済額軽減型では将来の多額な出費に備えることや金利上昇による返済額の上昇に備えること、またはその浮いた分のお金を投資に回せます。

このように、将来に起こりうるリスクを減らし、資産形成の可能性を広げることがメリットと言えます。

2-2.デメリット

返済負担率を下げると、その他のローンを組みやすくなります。
しかし、住宅ローンは、金利水準が低く、長期で組めます。
そのため、予定よりも早い段階で返済した後にその他の金利の高いものを組む場合、金利負担などが増える場合があるでしょう。

また予定よりも早く返済するということは、多少は無理をする可能性もあるということです。
それゆえ、無理に予定よりも早く返済してしまうことは、生活の余裕がなくなってしまうかもしれないため、デメリットだといえます。

3.まとめ

今回は、繰り上げ返済のメリットとデメリットについて解説しました。
住宅ローンの繰上げ返済をお考えのなる際には、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 住宅ローンの選び方でお困りの方はいませんか?選び方のポイントをご紹介し…

  2. 注文住宅をお考えの方に!頭金の相場を紹介します!

  3. 住宅ローンで失敗しないための方法とは?マイホーム購入の専門家が解説!

  4. 【完全マニュアル:新築建売編】住宅ローン減税(住宅借入金特別控除)の確…

  5. 住宅ローンの借入額の目安を解説します!

  6. つなぎ融資とは?注文住宅をお考えの方に向けて解説!