住宅ローンの返済の方法には種類がある?丁寧に解説します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

奈良にお住いの方で、住宅ローンの返済方法についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、2種類の返済方法を紹介します。
本記事が、返済方法を決定する際の一助となれば幸いです。

住宅ローンの返済方法とは

住宅ローンは、マイホームの購入資金を対象に融資が行われる金融商品の1つです。
特徴として、金利が低く抑えられること、返済期間が比較的長めに設定されていることが挙げられます。
この商品を利用することで、新築や中古を問わず、家族が住む住宅の購入資金が借りられます。
ただし、住宅ローンは申し込むことで誰でも借りられるわけではなく、審査に通る必要があることに注意が必要です。

返済の方法とは

住宅ローンの毎月の返済額は、元金と利息の合計額で決定されます。
住宅ローンの返済方法は、以下の2つから選択できます。

元利均等返済は、毎回の返済額となる元金と利息の合計が、返済開始から返済完了まで均等になる利息の算出方式です。
特徴として、毎月の返済額が安定していること、毎月の支払い額に占める利息の割合が多いこと、元金の減りが遅いことの3つが挙げられます。
この方法は、負担の少ない返済プランを立てたい方、返済開始直後の返済額を抑えたい方におすすめです。

元金均等返済は、毎回の返済額が元金を均等に分割した額と利息の合計になる算出方式です。
特徴として、返済の進捗に応じて返済額が減少することが挙げられます。
この方法は、元金を早めに返済してしまいたい方におすすめです。

以上、2種類の返済方法を紹介しました。
住宅ローンの検討に際して、どの返済方法を利用するか、毎月どのペースで返済を行うと家計への負担が少ないかを家族と相談しておくことをおすすめします。

元金均等返済の長所と短所とは

ここでは、元金均等返済に焦点を絞ってその特徴をくわしく紹介します。

長所とは

長所として、毎月決められた返済額を支払うため残高の減りが早いこと、返済額が返済期間に応じて減少することが挙げられます。
そのため、元金をスムーズに減らしたいという方に最適な方法であると言えます。

短所とは

短所として、返済開始直後の返済額が最も高額であることが挙げられます。
そのため、住宅ローンの審査時に返済能力を有していないと判断された場合、審査に落ちることがあります。
利用を検討される際には、初期の返済額を把握し、自分の収入に見合った返済プランを立てておくことが大切です。

まとめ

今回は、元金均等返済にスポットを当てて紹介しました。
この方法には、残高の減りが早いという長所がある一方、返済開始後の返済額が高額であるという短所もあります。
各返済方法の詳細について知りたい方や疑問をお持ちの方は、遠慮なく当社にお声がけください。

関連記事

  1. 注文住宅をお考えの方へ!住宅ローンの流れについて解説!

  2. 【完全マニュアル:中古住宅編】住宅ローン減税(住宅借入金特別控除)の確…

  3. 憧れのマイホーム購入で気を付けることとは?

  4. 最大3,000万円が非課税!?住宅購入時の贈与金

  5. 奈良で注文住宅をお考えの方に向けて費用の内訳や予算内に抑えるコツを紹介…

  6. 住宅購入をご検討の方へ!補助金について解説します