住宅ローンでの金利の選び方とは?徹底解説します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

住宅ローンを検討する際の重要なこととして、金利の選択が挙げられます。
ここでは金利のタイプやそれぞれのメリットについて紹介していきます。
奈良にお住いの方で、住宅ローンに関してお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

住宅ローンの金利とは

住宅ローンの金利とは、お金を借りた人が元金に対して支払う利息のことです。
この金利には、3つのタイプがあります。
それぞれの特徴についてくわしく紹介します。

1つ目は、変動金利です。

これは、契約期間中に金利の見直しが行われる金利を指します。
一般的に金利の見直しが6ヶ月周期で行われ、それに応じた返済金額の見直しが5年周期で行われます。
そのため返済金額がすぐに変わるわけではないということに注意が必要です。
さらに金利を見直す際に金利が大きく上昇していた場合、見直し以前の返済額の125パーセントを上回ってはいけないルールがあります。

2つ目は、期間限定型の固定金利です。

これは、変動金利よりも金利が高く、全期間固定型よりも金利が低いことを指します。
十数年という一定の期間で金利を固定させていることから、ある程度の期間だけ出資額を固定しておきたいという方がよく利用します。

3つ目は、全期間固定型の固定金利です。

これは、金利が固定されている状態の金利を指します。
そのため、返済で出ていくお金を把握しやすい、市場金利の影響を受けないという特徴があります。
しかし、1度この金利を選択するとほかの金利タイプには変更ができないことに注意が必要です。

メリットとデメリットとは

期間限定の固定金利と変動金利の場合

上記2つのメリットは、一定期間の返済額を確定できることです。
固定金利は、金利が固定されています。
そのため自身の考えに合わせた金利期間を選べます。
一方、デメリットとして金利が変動するため将来の返済額の確定が難しいことが挙げられます。

全期間型の固定金利の場合

メリットは、借入の時点で返済が完了する日までの返済額を確定できることです。
返済額が確定することで、今後の家族のライフプランが立てやすいことも魅力です。
デメリットは、金利が変動しても返済額に影響がないため、ほかの金利タイプよりも金利の水準が高くなることです。

まとめ

今回は金利のタイプやそれぞれのメリットについて紹介しました。
金利には、一定期間の返済額を確定できる変動金利と期間限定型の固定金利、借入の時点で返済額を確定できる全期間固定型の固定金利の3タイプがあります。
自分に適した金利のタイプを知りたいという方は、ぜひ当社にご相談ください。

関連記事

  1. 注文住宅をお考えの方必見!予算の削り方を解説します!

  2. つなぎ融資って何?

  3. 注文住宅に必要な頭金の相場とは?奈良で注文住宅をお考えの方へ解説します…

  4. 注文住宅をご検討中のみなさん!予算の決め方を解説します!

  5. マイホームをご検討中の方へ!予算の決め方をご紹介!

  6. 住宅購入をご検討の方へ!補助金について解説します