注文住宅をお考えの方に!頭金の相場を紹介します!

家買うナラ 代表のこくらです。
奈良でマイホームを考えている30代子育て家族のお金の不安を第三者の専門家の立場からお手伝いしております。 マイホームの予算でお困りの時はこちらを参考にしてください! →マイホーム予算診断

「注文住宅を考えていて、頭金の相場を知りたい」
「大きな買い物になるので、よく考えてから購入したい」
このようにお考えの方はいませんか。
そこで今回は、注文住宅に必要な頭金について紹介します。

注文住宅の頭金はどのくらい必要なのか

注文住宅の購入を検討している方で、頭金について詳しく知りたいと思う人は多いのではないでしょうか。
注文住宅は長い期間を要する大規模な工事のため、費用面を気にする方が多いですよね。

「家を新しく建てたいのであれば、少なくとも頭金で1,000万円必要」
このような言葉を耳にしたことがある方がいると思います。

では注文住宅にかかる頭金はいくらくらいなのでしょうか。

注文住宅の頭金で1,000万は必要なのか

結論から言うと1,000万円あれば安心ですが、なくても大きな問題ではないということです。
実は都道府県によって、用意しておくべき頭金の額は異なります。
都道府県別で、その土地の値段に差が生じることも1つの理由と言えるでしょう。
このことから頭金で1,000万の用意が難しいという理由で、注文住宅をあきらめる必要はないと言えます。
しかし、1,000万の頭金を用意できれば、選択肢が大きく広がる可能性があるということも覚えておきましょう。

注文住宅の頭金の選定方法とは

注文住宅の頭金は、いくつかの段階に分けて金額を決めていきます。
注文住宅を検討している人のそれぞれの収入は違うので、自分に適した金額を選定する必要があります。

手順としてはまず月々のローンの返済額の金額を選定し、借入金額を算出することです。

例えば3,000万の注文住宅を検討しているとして、具体的に考えてみましょう。
頭金は相場の20%とすれば、600万の頭金が必要だと分かります。
するとローンの借入金額は、頭金の600万円を引いた2,400万円になります。

この借入金額を何年で返済できるのか、頭金の600万円を用意できるのかということを考慮し、自分の収入と照らし合わせることで、その金額が自分に適切かどうかを判断できます。

もし、600万円の頭金の工面が難しいと判断したのであれば、3,000万の注文住宅ではなく他の注文住宅を探す必要があるでしょう。
このように頭金と借入金額をもとに慎重に計画していくことをおすすめします。

まとめ

今回は注文住宅で必要な頭金について紹介しました。
注文住宅は人生の中でも大きな買い物になることでしょう。
そのため、注文住宅を検討されている方は、自分に適したプランを慎重に選ぶようにしましょう。

関連記事

  1. 注文住宅ローンの金利について解説!種類や選ぶ際のポイントをご紹介します…

  2. 住宅ローンをお考えの方へ向けて!団体信用生命保険について解説します!

  3. 仮審査と本審査の違いとは?住宅ローンを検討中の方へ向けて解説します!

  4. 奈良で注文住宅をお考えの方へ!住宅ローンの必要書類について解説します!…

  5. 住宅ローンは育休中に組めるの?専門家が解説します!

  6. 変動金利と固定金利どっちがいいの?